数々のホームページの中から、当サロンのノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレート®のページにご訪問いただきありがとうございます。このページにたどり着いたお客様はくせ毛のお悩みを抱えていらっしゃることと思います。J-ONEで長年にわたり、こだわってきたこの柔らかく自然なストレートのノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレート®をできる限りしっかりとご説明させていただきます。

品川区の戸越銀座の美容室J-ONEのノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレート

2017年9月現在、ノンアイロン 弱酸性縮毛矯正エアーストレート®の施術数は累計8500件を超えました。弱酸性縮毛矯正のリピート率はJ-ONE史上最高を保持しております。それはやはりノンダメージにこだわってきた事と、このノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレート® 独特の柔らかい仕上がりをしっかりと提供できているからではないでしょうか。特に今までノンアイロンの弱酸性縮毛矯正 エアーストレートを色々探して色々なお店のストレートを経験されておいでのお客様が遠くからご来店いただいています。そのお客様のリピート率は2016年度は84%でした。[計算方法は2016年の一年間に初回ご来店いただいたお客様で2017年9月までに1回でも再来店いただいたお客様の割合を算出]。では、J-ONEがなぜ?ノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートを導入し、それにこだわるか。そこからお話しさせていただきます。

ノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレート®とは

特殊な尿素とアミノ酸、はちみつの成分を何層にも毛髪に導入しながら髪のコンデションを維持してクセを取り除いていきます。この尿素が大切な役目を果たします。ノンアイロン&弱酸性のトリートメント効果により、根元の立ち上がりや丸みを帯びた仕上がりに到達させます。ノンアイロン弱酸性縮毛矯正エアーストレートは、縮毛矯正後と思えない様な仕上がりを実現できました。ここでノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートの2大要素のノンダメージ理由の弱酸性とノンアイロンについてお話しいたします。

ノンアイロン弱酸性縮毛矯正エアーストレート

ノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートは、通常の薬剤よりノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートの薬剤は髪のダメージが生じません。弱酸性とは、ph3.0以上~6.0未満の数値のことを言います。一般的には、弱酸性はハイダメージの毛先にしか使えないというイメージが強いかと思います。ノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートは、強いくせ毛や縮毛でもまんべんなく効果の出すことができるようなトリートメントベースを採用しております。

ノンアイロン弱酸性の縮毛矯正エアーストレートの特徴は、髪への負担対策

従来の縮毛矯正剤のアルカリ剤の特性として膨潤の進行が早く、還元剤が働きすぎて作用が早まり、一気にダメージが進行してしまう特性があります。ノンアイロン弱酸性縮毛矯正エアーストレートでご来店されるお客様はダメージとスタイルを気にされる方が多いので弱酸性の薬剤がベスト。しかし、単にノンアイロン弱酸性縮毛矯正だから良いわけではありません。通常の弱酸性ですと肝心のくせは伸びないのではないでしょうか。ノンダメージとしっかりとクセを伸ばす事を両方求めたのがノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートです。

ノンアイロン

今まで、くせ毛でお悩みのお客様は何回も何回も縮毛矯正を繰り返しておいでの方が多いと思います。全ての方ではないとは思いますが、ストレートパーマの後でスタイルに言葉にならない違和感を感じる方も多いのではないでしょうか。髪のうねりはなくなったけれどもなんか不自然。それは決して失敗ではないんだけれども、これはストレートにするならばしょうがないと限界を感じているのではないかな?と思います。また根元が潰れてしまったような感覚に

不自然さの原因

不自然さの原因は、色々な要因もあると思いますが一番はアイロンで根元から施術してしまうことで毛髪の動きを固定してしまうのが原因です。高温アイロンは、毛髪のダメージの要因だけではなく、毛髪の一方通行の動きを作ってしまいます。そのために本来は自由に髪が動くはずが、高温アイロンで固定してしまうと、根元から張り付いてしまったり毛先がピンピンに仕上がってしまい、本来の髪の動きではなくなってしまう事があげらます。

解決法

技術は、なかなか一気に進化は望めないのが現実です。長年の研究を続けながら、お客様の声を聞きながら、ずっと目指してきたストレートでも普通の髪。高温アイロンを使わないことで、くせ毛のお客様の長年の悩みを解決できるのではないかな?と思います。

  1. クセが伸びても自然に仕上がる
  2. トップをアイロンでつぶさないので、ボブスタイルやショートの方でもスタイルがきれい
  3. 生え際や額に毛髪が張り付かない
  4. 髪が柔らかくなる
  5. 縮毛矯正したようには見えない(いかにも縮毛矯正しましたという髪に見えない)
  6. 髪が硬くならない
  7. アイロンの施術と違って施術後に伸びてきても、施術した部分としていない部分の差が出にくい
  8. ノンアイロン弱酸性縮毛矯正エアーストレートだから白髪染めの世代になっても続けられる(ペタンとならないから)
  9. 縮毛矯正をしたとわからないから【ばれない】

などがよくお聞かせいただける理由です。

https://airstraight.jp/%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/

株式会社レアルプロデュース エアーストレート[ノンアイロン弱酸性縮毛矯正]公式サロンメディアより引用

なぜ、ノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートにこだわるのか

それは数年前に遡ります。

それまでずっと行ってきた縮毛矯正とノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートの次元の違うレベルにお客様もスタッフも驚いたこと。それまでは縮毛矯正はクセを伸ばすためだけで精一杯。もちろん技術は日進月歩ですからさまざまな薬剤を取り入れる努力をしてまいりました。そんなときにエアーストレートに出会いました。さまざまな実験を経てこのエアーストレートを導入しました。エアーストレートを施術する上での3つの事をお客様に提供させていただきます。
縮毛矯正ですからクセ毛や縮毛を伸ばすのはもちろんです。ですがクセを伸ばすことのみの目的でいいのでしょうか。

ノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートのお約束

  • ダメージを進行させない事
  • 仕上がりをこの上なく柔らかく仕上げること
  • そしてなんといってもエアーストレートの特徴である仕上がりの自然さ。これにつきます。
  • これだけはどうしても解決出来なかった事でした。これにはスタッフも驚きました。

ノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートは、プロの我々が感動するので、お客様にも今までとの違いは明確に実感できるのでしょう。
これがノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートを取り入れた理由です。

ノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートは、このような方にも

それは、毛髪に優しい弱酸性の薬剤を使用しながらも、特殊なアミノ酸をブレンドする事により、相当強い縮毛にも対応できます。強いクセ毛の方にも諦めずぜひチャレンジいただきたいと思います。また、今まで縮毛矯正のダメージであきらめていらっしゃった方も、スタイル的に不自然だなと思い、縮毛矯正を避けていらっしゃるお客様にもおすすめです。

ハイダメージのお客様でもノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートで

どうしても縮毛矯正では問題になる髪のダメージ。クセ毛でお悩みの方の縮毛矯正では決して避けては通れない問題です。やりすぎると過膨潤という状態に。その結果、ビビリという状態で悩まされたという方も多いのではないでしょうか。ノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートは、そんなダメージにも熟練のスタッフが対応いたします。

ノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートのBEFORE ノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートのAFTER

超剛毛の縮毛のお客様もノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレート

ものすごい剛毛のお客様。ストレートを繰り返しているので、施術前は毛先のごわつきがかなりひどく出ていました。仕上がった後のお客様の感想で一番目立った言葉は毛先の柔らかさ。これはノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートのシステムの尿素&はちみつの成分の働きにより、この柔らかさはしっかりと持続します。

 ノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートのBEFORノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートのAFTFR

 

 

 

 

 

 

ボブスタイルだけど、スタイルが不自然になるので縮毛矯正を避けていらっしゃったお客様

今まで何となく縮毛矯正を避けていたお客様の中ではくせ毛を伸ばしたいのだけれどもペタンとしてしまいたくないという方も。特にボブスタイルの方が、そのような悩みの方が多いのではないでしょうか。ボブの方でも安心して自然なスタイルを作れるのもノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートの大きな特徴です。

ノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートのBEFORE

ノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートのAFTER

 

 

 

 

 

 

 

男性にも人気があるノンアイロン縮毛矯正エアーストレート

美容室としてもメンズの縮毛矯正は難しいといわれています。理由は毛髪が短いために、スタイルになりにくい事。またどうしてもアイロンで前髪をつぶしてしまうこと。これにより、前髪がピーンと前に突き出てしまうように固定されるためにスタイルが本当に不自然に仕上がってしまいます。これを嫌うメンズのお客様も多数いらっしゃいました。エアーストレートはアイロンを使わないことにより、この難しいメンズのお客様にも自然なノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレートを提供させていただきます。

ノンアイロン縮毛矯正エアーストレートのBEFORE ノンアイロン縮毛矯正エアーストレートのAFTER

 

 

長年の縮毛矯正に対する悩みを解決してくれたノンアイロン 弱酸性縮毛矯正 エアーストレート

今まで、美容師として、長年にわたり縮毛矯正を施術してきました。

皆様もご存じのとおり、縮毛矯正はクセを伸ばすためのもの。とにかくクセを伸ばすことを優先にかんがえてまいりました。無事にクセ毛や縮毛を伸ばしてほっとしていました。なるべく傷まない様には工夫していましたが、どうしても縮毛矯正は高い温度のアイロンで処理するので、熱の傷みの対処が限界がありましたし、アルカリ材が過度に反応したり、さまざまな要因でダメージが出てしまったり。でもそれ以外にクセ毛を伸ばす方法はありませんでした。また、さまざまな薬剤を入れ替えてみたりしましたが、目に見えて、根本的には変わることはほとんどありませんでした、

また時が経つにつれ、ダメージ以外も様々な問題点が浮かびあがってきました。

それはお客様の声からの実感でした。

クセは伸びるけれども、かえっておかしいスタイルになってしまう事。実は、これは美容室でも分かっていたことなんです。でも、どうしようもありませんでした。クセは伸びてもペタンとしてしまい、これはしょうがない事と諦めていました。ボリュームが無くなり過ぎてかえってスタイルを作りにくかったり。仕上がったヘアスタイルに違和感ができてしまうんですよね、どうしても。ですから、お客様も縮毛矯正から離れてしまう方もいらっしゃったのも事実です。

そんな折に、ノンアイロン・弱酸性縮毛矯正のエアーストレートに出会いました。

仕上がったモデルを見て、今までの悩みは何だったんだろうと・・・クセはしっかりと伸びているのに、ほんとに自然でふんわり。でもクセはしっかりと伸びている。あとは、ダメージが全く感じられない。圧倒的な仕上がりの柔らかさ。このなんとも言えない感動をスグに今までのクセでお悩みのお客様に提供したくて、導入を決めたのが、このノンアイロン縮毛矯正エアーストレートなんです。クセ毛でお悩みの方、当店へのご来店を心よりお待ちしております。